小田急グループ健康保険組合

小田急グループ健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

扶養について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「親族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。
ただし、75歳以上の方は後期高齢者医療制度の被保険者となるため、被扶養者にはなれません。

POINT
  • 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。

被扶養者の範囲

健康保険の被扶養者となれる範囲は、三親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。

収入の基準

被扶養者となるためには、「主として被保険者の収入によって生活していること」が必要です。

同居の場合 別居の場合
対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の1/2未満であること 対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、かつ、その額を上回る仕送りを被保険者が行っていること

※対象者の収入は、交通費・遺族年金・障害年金等、課税対象とならない収入も全て含みます。
※別居である被扶養者は扶養認定に制限があります。
※自営業者の収入については、税法上の必要経費の取扱いとは異なります(収入=売上-原価) 。

扶養認定日について(2019年4月1日以降、被扶養者資格の生じた日より)

扶養者資格が生じた日以後、5日以内に「被扶養者異動届」に所定事項を記入し、必要書類を添付し事業主経由で届出て、組合から被扶養者資格認定を受けなければなりませんが、当組合では、次の取扱いとします。

  • 提出が遅れた場合は、被扶養者資格の生じた日以後1ヵ月以内に、事業主を経由して当健康保険組合へ提出したものは、資格の生じた日を認定日とします。
  • 1ヵ月以上提出が遅れた場合、健康保険組合での受付日を認定日とします。
  • 書類不備の際は一旦全て返却します。また、返却等で被扶養者資格が生じた日から提出が1ヵ月を超えた場合は、全ての書類が整い当健康保保険組合に提出された日(受付日)を認定日とします。
  • やむを得ない理由で提出が遅れたと健康保険組合が認めた場合、被扶養者資格の生じた日の認定とします。
  • 異動届の扶養となった日が無記入の場合は、健康保険組合での受付日を認定日とします。

被扶養者資格の生じた日とは?

一般的に、被扶養者資格が生じた日とは、被保険者との間に生計維持関係が生じた日とされます。

  • ※生計維持関係とは、「日常の衣食住に関連した生活費の半分程度以上を被保険者が継続的に支援している状態」を指します。

やむを得ない理由とは?

  • 天変地異による交通の途絶や、本人が入院したことにより期間を要した場合。
  • 本人が事業所に届出たにも関わらず、事業所担当者から健康保険組合へ提出が遅れた場合。
  • ※被保険者または事業所の書面による申出により当組合が判断します。

被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより家族が増えたときや、就職や別居、死亡、収入オーバーなどで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。なお、小田急グループ健康保険組合では、法に基づき、毎年、被扶養者の資格を確認するための検認を行っています。

ページ先頭へ戻る