小田急グループ健康保険組合

小田急グループ健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

医療費が高額になったとき

医療費の自己負担には「限度額」があり、一定の基準に基づいて計算した自己負担額が限度額を超えた場合、超えた額が「高額療養費」として支給されます。

医療費の窓口負担を減らしたいとき

必要書類
A4
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合 業務課(給付担当)
備考 入院・外来のどちらでも利用できます。
限度額適用認定証を利用しない場合、利用時における窓口支払額との差額は、後日、高額療養費として自動的に給付されます。
参考リンク

医療と介護の自己負担が高額になったとき

必要書類 高額介護合算療養費支給申請書

【添付書類】
介護保険の自己負担額証明書

提出期限 すみやかに
対象者 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担があり、1年間に両制度でかかった自己負担の合計額が、限度額を超えた被保険者
お問合せ先 健康保険組合 業務課(給付担当)
備考 1年間:前年8月1日~7月31日で計算

高額医療費資金の貸付

※高額療養費資金貸付には、貸付条件・貸付金額の上限があります。
貸付をご検討される方は、必ず下記問い合わせ先へ連絡してください。

必要書類および内容
A4

【添付書類】

  • 医療機関からの請求書、または領収書
  • 貸付対象者が市区町村民税非課税であることがわかる書類
  • 生活保護法の要保護者であるとき、その内容がわかる書類

【高額貸付について】

  • 貸付額は、高額療養費支給予定額の10分の8
    端数1,000円未満切り捨て
  • 貸付金に利息は付さない
  • 貸付期間は、当該貸付金に係る高額療養費が支給される日までの間
  • 貸付方法は、当該金額を申請者の指定する金融機関へ振込とする
  • 返済方法は、高額療養費支給総額から貸付部分を控除する方法で精算
  • 高額療養費が不支給、または医療機関からの請求に過誤が生じた場合、期日を指定し貸付金額を健保指定金融機関へ振込とする
提出期限 医療機関からの請求または、その費用を支払った日からすみやかに
対象者 当健康保険組合の被保険者および被扶養者で、医療機関の窓口負担額で高額療養費が発生し、その費用の請求を受けたり、あるいは支払をされた方
申請者 当健康保険組合の被保険者
お問合せ先 健康保険組合 業務課(給付担当)
電話番号 03-3346-3856(直通)

ページ先頭へ戻る